スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用―科技機構(時事通信)

 レモンを搾った後の皮を発酵処理し、生活習慣病の改善に役立つポリフェノールを生産する新技術を開発したと、科学技術振興機構が7日までに発表した。愛知学院大の大沢俊彦教授らによる研究成果。同機構が製造技術の開発を委託した大手飲料メーカー「ポッカコーポレーション」(名古屋市)が、機能性食品の素材として商品化を目指すという。
 レモン果皮にポリフェノールが多く含まれることは知られていたが、効率良く取り出す方法がなかった。大沢教授らは、糖と結合した状態で含まれるポリフェノールから、まず酵素で糖を分離。さらにこうじ菌で発酵処理し、抗酸化作用が強い新たな種類のポリフェノールを生み出した。
 果汁を搾った後のレモンの皮は捨てられていたが、この技術が実用化されれば、廃棄物の有効活用にもなるという。 

【関連ニュース】
投資協定、夏までに実質合意=日中韓が閣僚会合
黄色ブドウ球菌退治に期待=別種細菌の酵素
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待
チンパンジー、死亡後も子と行動=ミイラ状態でも一緒に

デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
早朝の住宅火災、焼け跡から姉妹2人の遺体(読売新聞)
衆院 菅直人氏を首相に指名(毎日新聞)
鳩山首相、ヒヨドリ辞任…小沢幹事長を道連れ(スポーツ報知)
<参院選>首相交代で大あわて 民主候補予定者 「予想的中」候補も(毎日新聞)
スポンサーサイト

倒木に衝突、ガラス割れ運転士けが 京都のJR(産経新聞)

 24日午後11時半ごろ、京都府木津川市加茂町北小谷のJR関西線の加茂-笠置間で、加茂発伊賀上野行き普通列車(2両編成)が線路上の倒木に衝突した。運転席の窓ガラスが割れ、指導運転士が顔にかすり傷を負ったが、乗客約40人にけがはなかった。列車は、次の笠置駅まで徐行運転し、乗客を降ろしてタクシーで代行輸送した。

 JR西日本によると、倒木は計3本(最大直径約40センチ、長さ約20メートル)。線路脇の斜面に立っていた木で、雨の影響で地盤がゆるみ倒壊した可能性が高いという。

 25日早朝から、撤去作業を実施し午前9時15分ごろに運転再開。上下計12本が運休するなど、約1300人に影響した。

【関連記事】
工事用の鎖でJRの送電線ショート 関西線乱れる
JR関西線の踏切で男性はねられる 8万8千人に影響
JR四国社長に泉氏 6月就任、松田社長は会長
未明、貨物列車にトラック衝突 広島のJR山陽線、運転見合わせ
美術館や住民票、IC乗車券で支払いOK 福岡が政令市初
虐待が子供に与える「傷」とは?

築地市場移転問題で民主が公募案を発表 隅田川に人工地盤?(産経新聞)
首相と小沢幹事長、27日夜に会談していた(読売新聞)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
<岡本倶楽部>出資法違反容疑で捜索へ(毎日新聞)
大阪市長「風で閉塞感を解決できぬ」 市議補選・橋下新党勝利(産経新聞)

<口蹄疫>“牛イベント”各地で中止 飲食店、来客数激減も(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の感染が拡大している問題で、牛にかかわるイベントが中止されるケースが各地で出ている。飲食店などへの風評被害も懸念されている。専門家は「人には感染せず、感染が疑われる地域の農場に行ったことがなければ人が動物に感染させることはない。感染地域以外では過剰に反応する必要はない」と冷静な対応を勧めている。

 乳牛約50頭や豚、ヤギ、ヒツジを飼育する佐賀市三瀬村の観光牧場「三瀬ルベール牧場どんぐり村」は19日、子供たちに人気のミニ豚ショーやエサやりなどのイベントをすべて中止した。既に牛の搾乳体験もやめており、園の入り口には消毒マットを設置した。

 熊本県阿蘇市黒川の「阿蘇カドリー・ドミニオン」は4月下旬から、牛や豚とのふれあいを取りやめた。男性従業員は「感染防止に念を入れた。事態が長引いているので、来場者が減らないか心配だ」と話した。

 大分県竹田市久住町の「ガンジーファーム」も4月下旬から「ふれあい牧場」を閉鎖。乳牛約60頭やヒツジ、ヤギ各約30頭は畜舎で過ごす。担当者は「牛たちもかなりストレスを感じている。終息を祈っている」と語った。

 一方、通常通り営業する施設も。北九州市小倉北区の到津の森公園は「なかよし広場」で、来園者がウサギやモルモット、ヤギ、ロバなどとふれあっている。同市若松区のひびき動物ワールドも、カンガルーやウォンバットなどのエサやり体験を続けている。

 東京都中央区の宮崎牛専門料理店では、ゴールデンウイーク以降、客足が鈍りがちという。今月の来客数は前年に比べ約3割減で、17、18両日で予約のキャンセルは8件に上った。男性店長は「安心安全で問題のない牛肉しか使っていないのでぜひ食べに来てほしい」と呼び掛ける。

 各地のこうした動きに関し、帝京科学大の村上洋介教授(動物ウイルス学)は、「通常に生活をする中で人間には感染せず、過剰に反応する必要はない。やり過ぎのケースもあり、警戒し過ぎることが怖い」と指摘。「洋服や靴などに口蹄疫ウイルスに感染したよだれなどが付着した場合、数週間は感染力を失わない。感染が疑われる地域の農場に行ったことがある場合は、牛や豚などの家畜に接しないようにすべきだ」と話している。

アスベスト訴訟 石綿紡織業100年間の歴史 泉南地域(産経新聞)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
小沢氏、3回目聴取=事件関与、改めて否定―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
『GT5』がMove対応? SCEAの「おすすめ商品リスト」が紛らわしい件
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)

デジモン・シール架空発注、8600万詐取容疑(読売新聞)

 全日空のグループ会社「全日空商事」(東京都港区)の元社員らが、人気テレビアニメのキャラクターグッズを業者に架空発注し、同社から約8600万円をだまし取ったとして、警視庁は12日、元社員の谷屋隆史容疑者(35)(神戸市東灘区住吉本町3)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。

 同庁は、3人が同様の手口で総額3億数千万円の架空発注を繰り返していたとみて調べている。

 このほか逮捕されたのは、同社元出向社員の天野正(37)(東京都港区芝1)、同社の取引先で洋菓子製造会社「ヒマラヤ東京」(港区、破産)元社長の津田和典(45)(世田谷区松原5)の両容疑者。

 発表によると、3人は2006年9月、ヒマラヤ東京が製造・販売するパンの景品として、人気アニメキャラクター「デジタルモンスター」のシール約560万枚を三重県の業者に発注したように装い、全日空商事から代金計約8600万円をだまし取った疑い。調べに対し、谷屋、天野の両容疑者は容疑を認め、津田容疑者は否認しているという。

 架空発注は全日空商事の内部調査で発覚。同社は07年4月、谷屋容疑者を懲戒解雇にし、08年6月に刑事告訴していた。全日空商事は、航空機部品の調達や機内サービス用の物品の企画・調達などを行っている。

犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
首相の沖縄再訪、17日から23日で調整(読売新聞)
<黒澤明記念館>現行計画を断念…財団が伊万里市に伝える(毎日新聞)
児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」―埼玉県警(時事通信)
刃物で襲われ女性負傷=顔見知りか、男逃走-大阪府警(時事通信)

電車内で女子高生に痴漢 JR子会社社員の男を逮捕(産経新聞)

 電車内で女子高生の下半身を触ったとして、警視庁本所署は、強制わいせつの現行犯で、JR東日本の子会社「ジェイアール東日本ビルテック」の社員の男(37)=千葉市中央区問屋町=を逮捕した。

 同署によると、男は「前にいたから触った」と容疑を認めている。男は22日に逮捕され、容疑を認めており、逃走のおそれもないことから25日に釈放された。

 逮捕容疑は22日午前8時半ごろ、JR総武線の船橋-錦糸町駅を走行中の電車内で、高校1年の女子生徒(15)の下半身を触ったとしている。

 同署によると、男は女子生徒に手をつかまれ、錦糸町駅で降りたが、逃走。駅員らに取り押さえられた。

【関連記事】
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
病的な性的嗜好者も…“プチ痴漢”衝撃被害
痴漢えん罪予防グッズ登場! その名も「男のグー手袋」 
電車で痴漢→ホームで暴行→トイレで強姦 新宿に現れた鬼畜男
通勤痴漢の高校教諭を逮捕 昨年秋から10回以上も犯行
「裸の王様」次に座るのは…

みどりの式典 天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収-宇宙機構(時事通信)
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲(産経新聞)
<山口強盗殺人>被害者長男の元妻を容疑で逮捕 山口県警(毎日新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
プロフィール

ふるたみそぎ

Author:ふるたみそぎ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。